ニュース

【第211回(2022/12/25)<  PETER COOK – SPECULATIONS  > ~ピーター・クック講演会及びドローイング展~】

Peter takes his drawings made over the last 50 years, (in particular those made during the last 15 years) and examines them, not chronologically, but through a series of ideas and ‘moods’.From ‘Reasonableness’ to ‘Dreaminess’. Then ‘Mechanisms’ and ‘Devices’. The dynamic of ‘Change’ – and then ‘Change’ as affected by ‘Place’.Oslo, Berlin and Houston are responded-to. Then he Invokes ‘Vegetation’ inventing with “terrain’. The ’North European’ sensitivity is then contrasted with the ‘Scary’ and the ‘Wild’ – which then leads to the ‘Cheerful’ (the favourite word of the Archigram Group). Real buildings make an appearance with a cross-reference towards P.C’s evolving architectural ‘Vocabulary’. Followed by ironic reconstruction of beloved environments such as Italian Hill Towns, Rivers, the reinvented 3-dimensional City summoning an irresistible urge to invoke the ‘Spooky’, the “sinister’ and the ‘Shadowy’.

ピーター・クック氏を抜きに、モダニズムから現在に至る建築の系譜を語ることは不可能と言って良い。氏がアーキグラムを創設しハイテックスタイルの嚆矢を放ったことは万民の知るところである。ポンピドゥ・センター、香港上海銀行、ロイズ本社ビルなどに代表される世界のハイテックスタイルをアーキグラムは10年以上先回りしていた。それから半世紀を経てなお、氏は建築界をリードし続けている。その意味するとことは、一過性のスタイルを超えて、時代を超える普遍的な定理を氏が提示し続けてきたという事実である。アーキグラムは氏の長大な叙事詩の一章に過ぎない。今回は会場にて氏の膨大な量のドローイングを併せて展示する。その長大な90メートルにも及ぶ絵巻には、多様性やSDGSといった今世紀に勃発した課題が全て予見されている。まだその絵巻は続いている。この先の物語が楽しみである。(手塚貴晴)

■ 講演会
2022年12月25日(日)受付17:30 開演18:00~20:00 【要予約:締切り12月23日(金)】
講演者  :ピーター・クック
聞き手 :手塚 貴晴 (建築家フォーラム幹事)

■ 展示会
2022年12月25日(日)10:00~20:00(ご自由に御覧ください)

■ 会 場
東京都市大学 世田谷キャンパス 4号館(建築学科棟)
〒158-8557 東京都 世田谷区 玉堤 1-28-1
(正門からおはいりください。休日なので通用門は閉まっています)

交通機関
□東急大井町線「尾山台」駅下車 徒歩12分
駐車場 無(※周辺に私営駐車場(有料)がございます)

参加費
■会員:無料 法人会員:(3名まで)無料 【会場参加】【ライブ配信】
※法人会員で4名以上からは、一般ビジター扱いとなります【会場参加】¥2,000  【ライブ配信】¥1,000

■一般ビジター:
【会場参加】¥2,000 【ライブ配信】¥1,000

■学生・院生ビジター:
【会場参加】¥1,000  【ライブ配信】¥  500

講演会お申し込み
建築家フォーラムのホームページ(https://kenchikuka-forum.com)より
課金が発生する申し込みの場合は、Peatixへのリンクからお申込みをお願い致します。
→ https://kenchikuka-forum-visitor211.peatix.com

問合せ
建築家フォーラム 事務局/磯永聖
E-mail:isonaga@kenchikuka-forum.com
当日緊急連絡先:090-7175-8809

手塚 貴晴 てづか たかはる
1964   東京都生まれ
1987   武蔵工業大学卒業
1990   ペンシルバニア大学大学院修了
1990-94 リチャード・ロジャース・パートナーシップ・ロンドン勤務
1994   手塚建築企画を手塚由比と共同設立
(1997 手塚建築研究所に改称)
2009-   東京都市大学教授

【主な受賞歴】
日本建築学会賞(作品)(2008年ふじようちえん)
日本建築家協会賞(2008年ふじようちえん)
グッドデザイン金賞(1997年副島病院)(2013年あさひ幼稚園)
日本建築家協会優秀建築賞(2015年 空の森クリニック)
Global Award for Sustainable Architecture 2017
2017 Moriyama RAIC International Prize
BCS賞(2018年 空の森クリニック)
World Architecture Festival 2018, School Completed Buildings Winner (むく保育園)

「むずかしいテーマをやさしく やさしいことを深く 深いことを面白く」
建築家フォーラム2020年度は代表幹事:古谷誠章、幹事:今川憲英・国広ジョージ・手塚貴晴・安田幸一
(新任幹事)藤村龍至・吉村靖孝・栃澤麻利・大西麻貴・佐藤 淳で運営しています
建築家フォーラム 事務局 磯永聖次/新ホームページ  https://kenchikuka-forum.com

最近のニュース一覧

ニュース一覧

フォーラムの参加はこちら

次回フォーラムに参加希望の方は、下のボタンをクリックし、申込フォームよりお申込み願います。

 

参加申込み

レター(過去のフォーラム)